男性の更年期は体臭が半端なくきつくなる!対策が大事

男性の更年期は体臭が半端なくきつくなる!対策が大事

男性の場合は加齢臭という言葉を使って、中高年以降では特に体臭が気になってしまいます。この加齢臭の原因は男性ホルモンが多く分泌されることが原因で起こるとされています。
女性の場合の更年期障害は、女性ホルモンの減少が原因となって起こります。この場合は男性ホルモンが女性ホルモンよりも多くなることで男性の加齢臭に似た体臭がきつくなる減少が起こるとされています。
女性ホルモンの減少が閉経にもつながるのでわかりやすいのですが、男性の更年期障害ではどのようになるのでしょうか。男性の更年期障害は男性ホルモンの減少が原因となって起きます。
そして、更年期所障害でも体臭が気になることが報告されています。これはどうしたことでしょうか。加齢臭の原因とは真逆で、更年期障害では男性ホルモンの減少が原因となります。
⇒男の体臭対策
男性ホルモンが減少すると加齢臭は起きにくくなるように思うのですが、ここで更年期障害の様々な減少を見てみましょう。一つの症状として「ほてり」があります。
この「ほてり」が起こることによって体内温度があがり、汗をかきやすくなってしまうのです。汗そのものは無臭なのですが、皮膚に存在する細菌と反応して異臭を放つようになるのです。それが体臭となるということです。

 

更年期に体臭が酷くなる理由

 

更年期になると様々な現象が体に起こります。一番は「ほてり」によって汗をかきやすくなることで、体臭を発生させてしまうのです。汗自体は無臭なのですが、皮膚に存在している菌と反応して体臭を発生させます。
さらには、更年期になると、体内の水分が相対的に減少します。そうなると口の中の水分量も減ってしまい、口内の雑菌がさらに繁殖してしまいます。
そのために口臭がきつくなってしまうのです。また、更年期障害で起きやすいのが便秘です。便秘になると体臭がきつくなるのが知られています。
腸内に溜まった便が腸によって再吸収され、毒素などが体内を巡ってしまうからです。その毒素が肺に入れば、そこから出る息は臭くなります。
皮膚細胞に毒素が回ることで体臭にも大きな影響が出てしまうのです。そして、更年期障害で一つの大きな問題は頻尿です。そして度重なる残尿感から失禁することも多く、尿漏れを起こしやすくなります。
尿が漏れるとそれだけで異臭がします。ちょっとした尿であっても体臭となって発散しますので、それが、原因となって体臭がきつくなってしまうのです。
このように更年期になると様々な現象によって体臭がきつくなってしまいます。一つ一つのことで適切に対処しなくてはいけないのですが、まずは更年期障害の治療に専念するのが一番の得策と言えます。

 

更年期の体臭ケア

 

 

体臭がきつくなる理由について、様々な現象を書きましたが、それらは全て更年期障害によって引き起こされるものです。更年期というのは加齢が進んで体の機能も落ちてしまいます。
男性ホルモンが多くなると加齢臭が発生し、男性ホルモンが低下して更年期障害が起きるとそれでも体臭が発生するので、男性ホルモンの量が問題になることが多いのですが、男性が男性らしく生きることを考えると、更年期障害について対処するのが得策です。
更年期障害の諸症状の出始めであれば、いろいろな対処が考えられます。
まずは生活習慣を改めましょう。睡眠を十分に取ること、脂っこい食事は控えること、暴飲暴食はNG、アルコール量も控えめなど厳しいことばかりですが、たまに羽目を外すことはあっても、基本は規則正しい生活ということを心がけなければいけません。
また、市販のサプリメントなどで男性ホルモンを増加させるものもあります。それらを活用してみて体内の男性ホルモンを増やすようにすることも更年期障害の予防につながり、それが体臭を抑えることになるのです。

送料無料!断然お得なノアンデ公式サイト