多汗症は注射で治まる?効果的な治療方法とその効果

多汗症は注射で治まる?効果的な治療方法とその効果

 

 

ワキガと関係の深い多汗症治療について説明しましょう。

 

多汗症の治療を受けることで汗は軽減します。

 

一方で、エクリン汗腺は皮膚の非常に浅い部分に位置しています。

 

そして、数も非常に多いですから、

 

すべてのエクリン汗腺を完全に取り除くわけではないのです。

 

多汗症に悩む人にオススメなのはボトックス治療です。

 

長年、多汗症に悩む人のための治療はあまり効果的な方法がありませんでした。

 

治療方法として、強いてあげれば内視鏡手術によって交感神経を切断し、汗をまったく出さなくするというような方法があったくらいです。

 

しかし、この治療方法となると、全身麻酔が必要となる、大手術となってしまうため危険度も高く、さらに費用もかさみます。

 

なおかつ、代所性発汗といわれる別の部位への極端な発汗といった副作用もありのです。

 

ですから、あまりオススメできる治療法ではなかったのは、いうまでもありません。

 

そこで生まれた治療方法がボトックスによる多汗症治療なのです。

 

この治療方法は、メスを使わず、そして簡単に多汗症の症状を和らげる画期的な方法なのです、

 

今では、多汗症治療の救世主と呼ばれているくらいです。

 

 

多汗症の治療

 

多汗症の治療は、脇の下の皮膚真皮下層に注射器でボトックスを注入するというものです。

 

注射だけで済むのですから、いたって簡単な治療方法なのです。

 

しかし、注射を一度で終わらせるわけではありません。

 

1センチぐらいの間隔で碁盤の目の様にボトックスを注射していきます。

 

それでも、施術時間は約10分間程度というのですから驚異的でといっていいでしょう。

 

しかし、デメリットとして、その効き目は残念ながら永続的ではありません。

 

注入されたボトックスは、通常でしたら4か月から半年程度で、

 

交感神経の末端からはずれて体外に排泄されてしまうのです。

 

しかし、繰り返しボトックスを注入することによる危険性はないので、

 

定期的に治療を受けることで多汗症の悩みから完全に解放されることでしょう。

 

多汗症は精神的要因が大きいです。

 

ですから、ボトックス注射を打つことで、

 

また大量の汗をかくのではないか、という不安がなくなると同時に、

 

注射を打てば汗は抑えられるんだという安心感との相乗効果があって、

 

ボトックス注射が体内からなくなる時期になっても多汗は起きないことが多いのです。

 

そのまま治癒したという報告もあるんです。

 

多くの人が半年といったボトックスの期限より余計に効果が長持ちしたり、

 

ボトックス注射のたびに、前よりも少ない量で多汗を抑えられるといった傾向があるようです。

 

ボトックス注射の効果は人によって異なります。

 

よって、効果と症状をよく観察することが大切です。

 

治療毎に機械的にボトックスを注入するのではなく、

 

十分なカウンセリングを行って治療を進めていきましょう。

 

治療ができる場所と料金

 

「ボトックス」とはボツリヌス毒素Aを薬品化したものです。

 

このボツリヌス毒素Aというのはもともと、斜視や眼科の痙攣、片側顔面痙攣などに使われていたものです。

 

ボツリヌス菌の神経毒の作用、つまり神経の末端に結合することで、そこから分泌されるアセルチコリンによる伝達を阻むことによって、筋肉の不随運動を抑えるというものなのです。

 

なぜそれが多汗症治療に有効なのでしょうか。

 

実は交感神経の末端で発汗をうながしているのは、このアセルチコリンだからです。

 

通常、交感神経の末端から分泌されるのはアドレナリンです。

 

しかし汗腺類に対して例外的にアセルチコリンが分泌されるのです。

 

そのようなことから、アセルチコリンを抑制するボツリヌス毒素Aを、多汗症の治療に応用できないかと考えられた薬がボトックスということです。

 

美容外科で治療は主におこなわれ、ボトックス注射は一般的な価格で、1回75,600円となります。

 

送料無料!断然お得なノアンデ公式サイト